総合トップトップページ新着情報今日は何の日|スッキリをサポート 金の美茶 便秘!
1回わずか280円で出来る腸内洗浄




金融 証券食品 料理文化 ギフト美容 結婚仕事 資格教育 学校旅行 観光人気 流行運勢 未来健康 医療
トップモデル愛用!お腹スッキリ、お肌イキイキ!デトックス系ドリンク「ミラクル・ノ二」ジュース

デトックスと水

デトックス 便秘解消法
デトックスと水



水は健康の源、世界的にも日本は水に恵まれていますね♪

ある意味究極といえるデトックスが、水を用いたデトックス法です。
水はデトックスにおける基本中の基本です。
というのも、発汗にせよ尿にせよ、デトックスを行う上で、老廃物や有害物質を排出させるのに必要なものは、全て体内の水分が関係しているからです。
体内の水分はどうやって補給するかというと、水を飲んでです。
よって、水がデトックスの土台となるというのは当然の話ですよね。

人間が一日の間に発汗などによって失う水分の量は、大体1.5リットルです。
大きなペットボトル分の水を知らない間に消費しているのですね。
よって、この一日1.5リットルというのが、人間の水分補給の目安となります。
実際は、もうちょっと多めに摂取するのが好ましいですね。

水分の補給を行なうのに、昔は当たり前のように水道水を用いていました。
今では、田舎であってもあまりじかに水道水を飲む事はありません。
実際、それには理由があります。
水道水には塩素が含まれているので、あまり身体には良くありません。
まして、もし水道管がさび付いていたら、鉛などを摂取してしまう恐れがあります。
デトックスはこの鉛を除去する為の健康法でもあるのに、それを摂取していては元も子もありません。
よって、水道水ではなくミネラルウォーターを摂取するようにしましょう。

ミネラルウォーターは、2リットルであっても、それほど高い買い物ではありません。
デトックスを行う上で、お財布にも優しいのが水なのです。



携帯便利!いつでもどこでも体に美味しいお水!『海化石水素スティック』
posted by 便秘解消法 デトックス 記録の細道 at 08:38 | Comment(0) | 便秘解消法 デトックスと水 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

デトックスとは?

便秘解消デトックス健康法
デトックスとは?
人間の身体の中には、様々な物質が取り込まれています。
酸素や二酸化酸素はもちろん、窒素、水素、鉄、カルシウム……それら全てが身体の資本となり、人間の身体を作り上げているのです。
ただ、体内へ取り込まれるもの全てが、体の一部となる、健全な物とは限りません。
中には、身体にとってむしろ悪影響を及ぼしてしまう物もあります。
一般的に、毒素と呼ばれる物質です。

人間は社会で生きていく上で、どうしてもそういった毒素と呼ばれる、主に化学物質の一種を取り込んでしまう事になります。
その毒素のほとんどは、重金属、合成化合物と呼ばれるものです。
これらは、少量であれば人体に及ぼす影響もほとんどありません。

実際、少量でも大きな悪影響を及ぼすような事があれば、人間は生活できませんから。
しかし、これらが毎日摂取され、蓄積し、体内に溜まっていけば、それはとても健全な状態とはいえませんよね。
そのような状態では、いつか体のどこかに、あるいは全体に、何かしらの症状が発生する可能性は否定できません。

このような、体内に溜まってしまう毒素を、体外へと排出させようという動きが最近活発になっています。
その健康法の事を、デトックスといいます。
デトックスは「detoxification」という英語の短縮形「detox」からつけられた呼び名です。
「detoxification」には「取り除く」「解毒」といった意味があるので、デトックスという呼び名はそのままと言えばそのままですね。




1回わずか280円で出来る腸内洗浄
posted by 便秘解消法 デトックス 記録の細道 at 15:15 | Comment(0) | 便秘解消法(1) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

女性と便秘の関係

三牧ファミリー薬局の便秘薬

便秘と聞くと女性に多い症状というイメージがありませんか?
女性はさまざまなダイエット法便秘解消法を常に試しているような印象を持っている人も少なくないと思います。


実際に、便秘で病院にかかるのは25歳?55歳の女性と高齢者が多いという報告もあります。
しかしこれは女性の多くが日頃から便秘を気にしているから、というだけではなく、ちゃんと理由があるのです。
まずは黄体ホルモンの影響です。
女性には生理があり、黄体ホルモンの分泌に波があります。
黄体ホルモンは排卵後から生理が始まるまでの間に分泌され、その間は大腸の蠕動運動を抑制して水分や栄養の吸収を促進します。
そのため水分の少ない便になり、生理前になると便秘気味になる女性が多いのです。
また妊娠すると便秘になる人が多いのですが、これは妊娠によって黄体ホルモンの分泌がますます活発になることと、お腹が大きくなって子宮が腸を圧迫することが影響しています。
出産後も腹筋がゆるむために便秘をしやすくなります。
高齢者に便秘が多いのも、腹筋がなくなることが原因のひとつと言えます。

また女性に「やせたい願望」が多いのも便秘!
が多い原因のひとつです。
過度に食事制限をすると便が作られず、便意をもよおしにくくなり、からだのラインを整えるためのきつい下着も腸の運動を妨げることになります。
ダイエット目的で便秘解消法を試す人もいますが、間違った方法で排便を促すと、下痢を起こし体調を崩してしまいます。
下痢をすれば痩せられると思い込んでいる人もいるようですが、本来のダイエットを成功させるためには、食生活を正し排便リズムを整えることが大切です。

もともと女性は便秘をしやすい要因を持ち合わせている上、受験や仕事上のストレス、結婚すれば家事や育児にゆっくりトイレに行く暇もなく、現代の女性は日夜便秘!
と戦っていると言えるでしょう。

毎朝快腸デトックス!!
posted by 便秘解消法 デトックス 記録の細道 at 09:39 | Comment(0) | 便秘解消 女性と便秘 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

便秘を放っておくと・・・

本当は便秘ではないのに自分は便秘だと思い込んで不必要にいろいろな便秘解消法を試している人がいる反面、便秘の症状があるにも関わらず「たかが便秘、いずれ治るだろう」と安気に構えている人も意外と多いものです。
便秘を放っておくと肌の調子が悪くなることを気にする女性はいますが、肌荒れやお腹の張りだけでなく、便秘は大腸がんやポリープの原因にもなりかねないのです。

実は便秘と大腸がんはおおいに関係があります。
便が長く腸内にあるとガスだけでなく活性酸素も発生します。
活性酸素が発生すると腸の細胞を刺激して変性させ、腸内細菌のバランスを崩してしまいます。
腸内細胞は免疫にも関わっているため、便秘によって免疫力が落ち、がんが発生しやすくなるということも考えられるのです。
排便時に出血がみられると「痔だろう」と自己判断してしまう人がいますが、大腸がんを疑って病院を受診することをおすすめします。
大腸がんの中でもS状結腸にがんができると便の表面に血液がつくことが多いです。
また直腸がんでは便に鮮血がつくことが多いのです。

しかし痔と便秘の関係も見逃してはいけません。
便秘をすると腸内に便が長い時間留まることで水分が吸収されて便が硬くなります。
これを無理に排便すると肛門が切れ、いぼ痔になり、今度は痛みを避けるために排便を我慢してさらに便秘を悪化させてしまうことになります。

便秘から他の病気を招かないためにも「たかが便秘」と軽く考えず、自分に合った便秘解消法ですっきりとしたお通じができるようにしてください。


薬に頼りたくないあなたへ!

話題のキャンドルブッシュティー!


posted by 便秘解消法 デトックス 記録の細道 at 12:12 | Comment(0) | 便秘をほったらかすと・・・ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
オクショクブンカカラダの細道シゴトマナビタビハヤリ

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。